なぜ歯に健康保険が入らないことがあるのか

鼻が詰まったら、耳鼻咽喉科に行きますね。目がかゆくなれば眼科ですし、腹痛を感じたら消化器内科でしょう。もちろん歯が痛くなったら歯科です。
ここで問題です。
この中で健康保険が下りない可能性のあるものはなんでしょうか。
すみません、まるわかりですね。答えは歯科クリニックです。
そう歯の治療には健康保険が適用されないことがあります。もちろんすべてが適用されないわけではないのですが、歯の治療の多くのものが保険適用外であったりするのです。さらに本来であれば保険適用される治療方法なのに適用外というケースもあるので、かなり歯科クリニックはめんどくさいのです。
そうとも知らず、「どうせ歯の治療だしやすいだろう」と軽い気持ちでいき、蓋を開ければ高額だった、ということはない話ではありません。
今回は歯の治療とその治療代について説明していきたいと思います。
しかし注意点が一つだけ。
今回の記事では安い治療代のほうが良いという方向性で内容を記していくつもりですが、だからと言って高い料金の治療を勧めるお医者様が守銭奴であると理解しているわけではありません。ネットと違い、お医者様はあなたを診て、そのうえで勧めるわけですからそちらのほうが結果的に安上がりだったり、良かったりすることもあると思います。
このサイトを参考にしたのちに、別の歯科クリニックに診てもらうのは良いかもしれませんが、このサイトを全面的に信じて、歯科クリニックに安い治療にするように強く言うのはやめましょう。

TOPへ戻る