差し歯とインプラント

差し歯とインプラント

差し歯とインプラントの大きな違いは、何と言ってもその値段でしょう。差し歯は保険適用出来るものがあり、安いので1万円いかないものもあり、高くても15万で済むのに対し、インプラントは最低でも40万は言ってしまいます。
また、その治療方法も全く異なっていて、差し歯が欠けてしまった歯に、補充するような形で装着するのに対し、インプラントはそもそも歯が存在していないので、まず土台としてボルトを埋め込み、その上に義歯をはめ込みます。ちょっと怖いですね。
もちろん、インプラントにはしっかりとかみしめることができ、自然な感覚を取得できるという利点があるのですが、それにしてもやはり高いというのが本音ではないでしょうか。

保険が適用される差し歯

保険が適用される差し歯は三種類あります。
まず、お馴染みの銀歯。この歯は文字通り銀色だから銀歯なのですが、金銀パラジウム合金という金属からできていて、本物の銀でできているわけではありません。というか、本物の銀で作っていたら、赤字になること間違いないですよね。銀歯は頑丈であることが利点ですが、見た目があまりよろしくないので、通常前歯には使われず、たいていは後ろの歯に使われます。
次に、硬質レジンジャケット冠。レジンという歯科用プラスチックでできているこの義歯は見た目が白色なので見た目も悪くなく、前の歯によく使われます。ただ銀歯よりは脆く、また変色もしやすいです。
最後に、硬質レジン前装冠。中は金銀パラジウム合金、外はレジンでできている、いいとこどりを目指した義歯です。ただ、経年劣化で変色はしてしまいますし、銀歯に比べると脆いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る